After Graduation at Tokyo Riverside School

卒業後の進路

本校 〒111 - 0033 
東京都台東区花川戸2 - 2 - 5
Tel: +81(3) 3847-4871
Fax: +81(3) 3847-7961
Email: trs@tokyoriverside.co.jp
北京事務所
Tel: +86(10) 6554-6681

卒業生の声①

Graduate's Voice

当校を2010年3月に卒業した林斌(リンヒン)さんです。 2008年6月に中国浙江省にある浙江大学経済学部を卒業し、 2008年10月東京リバーサイド学園に入学。 一年半当校で勉強しました。
現在、国立一橋大学大学院、経済学研究科の修士課程一年生です。

※これは2010年12月に取材したものです。

 Graduation Voice 2

Q1 現在の生活を教えてください。

毎日充実した大学院生活を送っています。週に4日は大学院に来て講義を受けています。 だいたい9時半頃学校に来て、夕方5時すぎまで大学院にいます。講義の空いている時間は図書館で勉強しています。 現在経済学研究科の一年生は、60人ほどいて、そのうち10人ぐらいが中国人の学生で、新しい友達もできています。 私は現在、国際経済学を中心に勉強していますが、英語の文献もたくさん読まなければいけないので結構大変です。
来年度から研究室での本格的な研究が始まります。国際経済学において何らかの研究成果が出るように、現在頑張って基礎的な知識を身につけているところです。 疲れたときはよく音楽を聞いています。趣味はオーディオなんです。 癒し系の音楽を聴くと疲れはなくなり、また明日から頑張ろうと思います。

Q2 どうして留学先として、日本を選びましたか。また、東京リバーサイド学園を選んだ理由は何ですか。

留学を考え始めたのは、国の大学の二年生に在学していたころです。 最初は経済学の勉強を深めるとしたら、アメリカがいいかなと漠然と思っていました。 学部を卒業する時期になって、父の友人である早稲田大学の教授に相談しました。 私自身が日本語を勉強したことと、生活や習慣面のことを考慮して、最終的には日本を留学先として選びました。 その早稲田大学の教授と、東京リバーサイド学園の先生がお知り合いであり、 学校の先生方がまじめで親切であることを伺い東京リバーサイド学園を選びました。

Q3 東京リバーサイド学園の学園生活はどうでしたか。

まず、最初の授業の日が印象的でした。一つ一つの発音やアクセントを先生が自ら発話して丁寧に教えてくれました。 国では日本語能力試験の勉強を主にしていて、会話や発音に自信がなかったので、すごく自分に合っている勉強法だと思いました。 聞いていた通り本当に先生方はまじめで親切でした。 また、東京リバーサイド学園は上級になるまで初級と変わらずコミュニケーション重視の授業をしています。 大学院へ入るための面接や浅草小学校の小学生と交流する時などに大きな自信となりました。 さらに、在学中にいろいろな国の友人ができ、様々なイベントに参加して、多くの思い出が残りました。 富士山旅行、花火大会、自動車工場・ビール工場の見学、卒業パーティーなど本当にすばらしかったです。忘れられません。

Q4 将来の夢は何ですか。

大学院を卒業した後は、銀行とか証券会社などの金融機関に勤め、自分が学んだ理論を実務に役立てたいと思っています。そこで社会経験を積んで、将来は自分の会社を経営するのが夢です。「経世済民」という言葉がありますが、社会に役立つような会社を作りたいと考えています。

Q5 これから東京リバーサイド学園に入る人や、日本に留学する人に一言アドバイスをお願いします。

日本では、時間は非常に大切です。時間を無駄にしないことを覚えてください。 そして、何よりも日本語の勉強をしっかりすることです。 それは日本での生活の基礎になるものだからです。